こども英語講師養成科,児童英語講師養成科

ずっと子どもの先生になるのが夢だったYGさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
児童英語講師養成科という講座があると知ってすぐに申し込みましたか?

はい。
私は子供に英語を教えるということが天職だと思います。今まで学んできたこと、経験してきたことを生かせると思い、講師養成コースを探していました。王寺で開講されると知り、すぐにここに行く!と決めてHAYAに電話をしました。そして申込みしました。

何が決め手で、児童英語講師養成科を申し込まれましたか?

ずっとプランしていた夢へのチャレンジでした。
授業のカリキュラムを見てわくわくしたのを今でもはっきり覚えています。家族や友人も私が将来 子どもの英語の先生になりたい事を知っていたので、すごく喜んでくれ応援してくれました。

実際に授業を受けてどうでしたか?

素晴らしい先生達に出会えました。

私はこのコースが大好きで、先生達も大好きです。どの先生の授業も先生になる為に必要な事が詰まっていて、しっかり聞いて学ばなければもったいない!と思いながら授業を受けていました。

それぞれの先生の授業でまとめたノートは私の宝物で、これからも何度も何度も見返すと思います。授業で作った小道具や自分の教材はこれからも大切に使います。
先生方に頂いたプリント達も私の大切なヒントになると思います。ありがとうございました。

c456863863944f92edaaf35d217fe2ac

この講座を受けて、ご自身の子育てに何かつながるもの、役に立ちそうなことはありましたか?

たくさんあります。私は自分にはまだ子どものがいませんが、子どもが大好きで子ども達と関わりのある仕事をしてきました。自分が心の中で大切にしていた子ども達との接し方やケアなど、この講座で学んだ事や先生方から教えて頂いた事とつながり、すすごくうれしく思い自分の自信にもつながりました。

子ども達にとって”子ども”でいれる時間は限られていてすごく短く貴重だと思います。自分が今も、子どもの頃の思い出をはっきり覚えているのは家族や先生、周りの人達が夢を見させてくれたからだと思います。

私も子ども達に夢を見させてあげたいし、夢を持つ大切さや、面白い良い影響を与えてあげられるひとになりたいです。LOVE&RESPECTの気持ちはどんな時も大切です!!

そもそも、ご自身は、なぜ学校の教科として以上に英語を学習しようと思いましたか?

子どもの頃は英会話教室で英語を学びました。
子どもの頃(今も変わらずですが)私はEnglish is colorful! English is Fun!と思っていました。今もこのイメージは変わりません。

友人達とのコミュニケーションには欠かせない英語。感情表現も英語でしか表せないものも多く私にとって英語は自分を創った大切なパートナーです。これからも勉強を続けていきます。

Readin, writing, listening, speakingの内、ご自身のimprove(成長)が大きかったのはどれですか?

どれもimproveしたと思いたいですが、reading, listening, speakingは授業の中でたくさん使いました。
TPRのテキストやプリントなど専門的なwordもたくさん出てきたのでreadingの練習にもなりました。

今後「児童英語講師養成科」を受講される後輩の方々へ一言お願いいたします。

ここHayaでの「児童英語講師養成科」は本当に素晴らしいコースです。
子どもに英語を教えたいと思っている方は是非受講して下さい。課題やプレゼンに追われますが、乗り越えていけます。そしてすごーくパワーアップできます。
楽しくて面白い発見がたくさんで”気づいて学ぶ”事ができました。

夢を信じて頑張ってください!