Hayaのスタッフブログ,ブログ

私たち(ハヤ)の仕事ってなんだろう?の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、すみだです。

 

「反転授業の研究」というfacebook非公開グループがあります。日本全国の先生たちの集団です。

 

メンバーの誰かが後押ししてくれたら、全力で押されるという後押し制度というものがあります。 とうとう私にもそのミッションがきました。

3507名(本日現在)もの大きなグループへの投稿なので、慎重に1週間ほど考えることになりました。たくさんのことを整理していく中で、ハヤという教室の仕事を再定義できました。

 

やっと本日投稿できたので、みなさんにシェアさせてください。

 

===以下、投稿です===

 

【松本 梓さんに後押しされたので投稿します】

 

奈良県で英会話スクールを経営しております、 ハヤ イングリッシュアカデミーのすみだあいです。

 

全力で押されると言ったものの、なにを書けばいいのやら…

 

こちらのグループのキーワードは、やっぱり「教育」なのかな。

 

ここで軽く自己紹介。私は英会話スクールの校長だけど、 勉強苦手だし、高卒だし、教員免許も持っていません。

 

だから、「教育」を語ることはやっぱり諦めました。

 

代わりにみなさんに紹介したい人がいます。 私の甥っ子(そうすけ1歳)です。 実は、できなかったことができるようになる専門家なんです。

 

よかったら、このたった4秒の動画を観てみてください。

 

自分自身に、「毎日働いてなにが楽しいか?」と問うてみたところ、

「できなかったことができるようになることやろ〜」とのあっさりとした回答。

 

で、やりたいことがあるのに、うまくいかないときは…

 

そうすけならどうする?

そうすけの方法となにか違う?

そうすけならどうやってできるようになる?

 

アンパンチも、カバンのファスナーを開けるのも締めるのも、 写真のときのピースも、できるまでずっとやっています。

 

誰に強制されることもなく。失敗を恐ることもなく。 途中で諦めることもありません。 できなくても、泣いても、真っ赤になって、必死で練習して、できるようになっていきます。

 

毎日の24時間を誰にも強制されることがありません。赤ちゃんに無理やりなにもさせられないと思っているから、親ですら無理やりさせません。赤ちゃんだから、失敗しても怒られません。

 

そして、うちの英会話スクールにいらっしゃる皆さん、そして自分を含めて私に関わる全ての皆さんに、そうすけのような強い心と、環境を整えたいなと思いました。

 

うちの英会話スクールの仕事は、英語を教えることではありません。 やりたいこと(うちでは英語)ができるようになったら、必ず身につく◯◯をつけること。

 

それは自分を信じる力。自信。

 

ということで、 やりたいことができるようになるまで、続けられるサポートをすることが私の仕事。

 

先人のお師匠さま方が、いろいろな言葉で私に教えてくれました。

「Here and Now」

「今を生きる」

「まだ来てもない未来に不安を募らすことなく、もう起こってしまった過去を後悔しない」

「一日賢人」

 

それを私の言葉で伝えると…

 

「今好きなことをとことんしよう!」

 

いつもワクワクキラキラしている1歳の颯哉(そうすけ)が 私の一番のお師匠さまです。 

 

********後押しシステム・グランドルール********

・【●●さんを後押しします】ではじめて、投稿する。

・投稿には、後押しシステム・グランドルールをコピペする。

・誰でも、いつでも、「あの実践、いいから披露しなよー」とグループメンバーを後押ししてよいことにする。

・後押しされた人は、実践を披露したり、悩みを相談したりする。(強制ではなく、パスしてもOK)

・後押しされた人は、【後押しされたので投稿します】ではじめて投稿する

・後押しされた人は、できれば誰かを後押しして繋げていく。(強制ではなく、紹介しなくてもOK)

・困っていることや相談は、過去に出ているものとかぶってもOK。

・失敗事例のシェアに対しては批判せず、どうしたらよいかを一緒に考える。

‪#‎反転授業の研究の後押しシステム‬

********************************

子どもたちの英語の先生になれる講座

こども英語講師養成科の12月開講が決定しました!

感動・驚きのうれしい声は、こちらの動画からどうぞ。

↓ 詳細はこちらをクリック

campain_bn02