ブログ

KIUバレラ先生とのQA(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先生志望者には気になる質問にも答えてくださいました。キーワードは愛。
8. 先生の面接をしているときに見ていること
先生に求める要素とは
①Love for God. (これはクリスチャンの学校ということで)
②Love for Students. (生徒に対する愛)
③Love for Subject. (教える教科に対する愛)
愛を持って教えてくれているか生徒にはわかる。だから、どんなに他のことが優れていても愛がないとダメ、伝わらない。
ちなみに、Greekでは愛には4種類ある。eros(肉体の愛)、phileo(友人の愛)、stergas(親子の愛r)、agape(無条件の愛)。例えば、phileo+sophy(知識)=philosopyは知識への愛。そして、聖書に出てくる愛、loveとはagapeのこと。
>宗教のことは抜きにしても愛というキーワードには納得。今まで出会った先生たちのことを思い出しても、教えている教科が好きで、生徒も好きという先生のクラスは楽しいクラスでした。みなさんの学生体験ではどうでしたか。
バレラ先生、貴重なお時間をとっていただき、そして知恵と愛のこもった答えを聞かせていただきありがとうございました。
短期間で英会話が上達する英語教室ならHAYA English Academy
Yahoo ロコプレイス HAYA English Academy
無料体験レッスンのお申込みは、HAYAまで=> TEL:0745-34-2588