こども英会話

さて、子どもたちのかるたゲームを分析してみよう! @奈良王寺教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ただの… されど…】

 

カードを取るだけであんなに盛り上がるのか。
子どもたちは、ものすごく必死だ。

 

$王寺・柏原の英会話教室 レッスン 子供の英語教室なら HAYA English Academy (ハヤ イングリッシュ アカデミー)のブログ-かるたとり

 

ということで、子どもたちがいっぱい取って勝つために、
どんなことを考えているのかを観察してみた。

 

①集中すること

みんなの目を見ていたら、どれほど集中しているか、簡単にわかる。

 

②近くにあるカードを覚えること
頭脳プレー派は、近くのカードは誰にも渡さない作戦で、あらかじめ負け戦をさけようとする。

 

③他の人の邪魔をすること
やはり、かるたの世界でも弱肉強食なのか。
邪魔をする子もされる子も、その気迫に、大人の私も圧倒されそう。

 

はい、ここできめゼリフ。
ただのかるたとり、
されどかるたとり (`・ω・´)