まつたに あい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代表

まつたに あい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネイティブのような発音になりたい方は、私まで。

発音指導が専門です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
好きな言葉ありがとう・ともに切磋琢磨
好きな映画ペイフォーワード "Pay it Forward"
専門発音指導・英語講師の養成
モチベーションがあがるのはいつ?生徒さんが自ら学ぶことを楽しんでるとき!
生徒さん同士が助けあい、教えあっているとき!
仕事の中で特に何が楽しい?英語や教育というキーワードで新しい人と理念を共有し、根っこでつながれること
  • 仕事をする上での信念は?

    まつたに あい

    毎日起こるどんな出来事においても良い側面を見つけて、ワクワクしたり感謝したり、学んだりしています。
    現在、目の前に起こっている悪いことは、次に起こる良いことへのただのきっかけに過ぎない。全てのことは偶然起こるのではなく、必然的起こるため、全てのことに意味がある。
    その意味の本質を捉えられるように、五感を研ぎ澄ます訓練に努める。そして、一番大切にしていることは、目の前にいる人に全力で尽くすこと!

  • これからのビジョン

    まつたに あい

    日本中の子どもたちが英語ペラペラになる日・・・

    「2020年の東京オリンピック開催までに日本の英語教育を変える。」

    私たちは、「これは、私たちがやらなくちゃいけないことなんだ」と、勝手に思い込んでいます。

    オリンピック開催のときには、英語がペラペラの子どもたちが街にあふれている。
    私たちは、こんなことを夢見ています。

    子どもたちが大人になるころに、そんな世界になったら、戦争もなくなるかもしれない。
    自分の友達の住んでいる国に、戦争を仕掛ける人はいないでしょう。
    戦争や飢餓というと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、日本の子どもたちの英語力を上げて、共通言語である英語を通じて、いろんな国の人と、いろんな文化の交流を持つことでそういう世界になることを夢見ています。

    未来をつくる日本の子どもたちの英語力が上がり世界中の子どもたちが友達になるために…

  • なんで【ハヤ イングリッシュ アカデミー】って名前なの?

    まつたに あい

    名刺を渡すたびに、こんな質問を受けます。

    このネーミングをしたのは、「ハヤシ」でもなく、「ハヤオ」でもありません。「すみだ」です。
    ハヤ = 88 = 早 = 速 = 流行(る)

    末広がりの8
    早く上達する工夫が盛りだくさん
    講師の話す英語が速い
    今、一番流行りの英会話スクール

    まさかっ、ダジャレの領域?!

    “どこよりも早く上達できる英会話スクール”を作ろう♪
    7年前、そんな想いを込めてちょっとダサいネーミングをしました。

    これからも生徒さんたちがより早く上達できるために、もっともっと高みを目指し、英語の教え方を研究開発に精進してまいります。

    My dream


    I am a teacher. I teach English.

    Last year I went to Vietnam and taught Japanese. I thought all teaching is the same if you know how to teach things.

    You know what? I did wonderfully!

    Could I teach because I am a Japanese native and speak and write Japanese fluently?

    This thinking is the same as “I need to have high TOEIC score or I need to be certified by a prestigious English level test. I need to be a native English speaker”

    The truth is not so quite!

    There are many people who can speak English or Japanese but they cannot teach any languages because they don’t have a teaching method.

    My journey to be an English teacher started with sending 200 emails. I emailed all the English schools I could find on the Internet.

    Two replied to me. One is a school in Yokohama and they were closing down soon. The other email was from the Niigata prefecture. It was unbelievable. They allowed me to train for about one month. I was very lucky.


    A movie also influenced my teaching career.

    The movie is called “Pay It Forward”.


    People say if you want to improve English, watch the same movie over and over.

    So I did. I watched the movie more than 100 times!


    I internalized the message of the movie, of a 12 year old boy called Trevor.

    Trevor gets a homework assignment from his social studies teacher. It is to create a plan that will change the world for better, and put the plan into action.

    Trevor calls his plan "Pay It Forward"

    His plan is simple. If you receive a favor, do a favor to three other people rather than paying the favor back. The favor you do for others needs to be a major favor that the receiver cannot complete him or herself.



    Trevor does a favor for three people, asking each of them to "pay the favor forward" like him.

    This movie influenced me greatly

    I really like to participate in the "Pay It Forward” movement. This is one reason why I started a unique English school which has a teacher training course.

    My “pay it forward” is to train those who love English to become English teachers. Love of English spreads from a teacher to a student and further. I like to “pay it forward” and create the chain of good will especially in the field of English education.


    In 2020, the Olympics will be in Tokyo. I want all the children in Japan to speak English and to talk with people from all over the world. Our school will try our best to make it happen by training great teachers with our special teaching method.

    I just thought to tell you my dream, my “pay it forward” project, but let me give you some homework. Come up with your own “pay it forward” project and put it into action.

    What would your project be?
    Thank you very much,


    HAYA English Academy
    代表 まつたに あい